美術館予約

予約必須の最後の晩餐(ミラノ、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会)、ボルゲーゼ美術館(ローマ)や、常に長蛇の列が出来るウフィツィ美術館(フィレンツェ)等の予約を代行いたします。

現地スタッフが美術館に直接電話をして予約をお取りします。美術館のホームページで予約がいっぱいの場合でも、ほぼ予約をお取りできます。まずはご連絡ください。また、こちらに掲載されていない美術館の予約も引き受けます。ご相談ください。

美術館予約にかかる費用備考
最後の晩餐(ミラノ)手数料2000円+入場料実費予約必須
ウフィツィ美術館(フィレンツェ)手数料1000円
アカデミア美術館(フィレンツェ)手数料1000円
ボルゲーゼ美術館(ローマ)手数料1000円+入場料実費予約必須
ヴァチカン博物館(ヴァチカン市国/ローマ)手数料1000円+入場料実費
*手数料はお申し込み人数によって変わります。詳細は各ページをご覧ください。

*手数料は4名様までの価格です。5名様以上は倍額となります。
*お支払いはみずほ銀行へのお振込をお願いしています。
 

ミラノ最大の目玉、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の『最後の晩餐』(サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会)は、予約なしには鑑賞できません。しかも、1回15分30名までという制限付のため、予約を取るのも至難の業です。さらに予約の電話もなかなかつながらず、鑑賞に至るにはかなりの努力が必要です。
詳細はこちら

フィレンツェに行ったら、絶対に見てほしいウフィツィ美術館。フィリッポ・リッピやボッティチェリの作品が充実しています。 詳細はこちら

目玉は何と言ってもミケランジェロ作のダヴィデ像です。1873年に、シニョーリア広場のヴェッキオ宮殿前から、ここアカデミア美術館の展示室(トリブーナ)に移されました。 現在シニョーリア広場に置かれているのはレプリカです。 詳細はこちら

完全予約制のため、ちょっと敷居が高く感じてしまうボルゲーゼ美術館。でも逆に、完全予約制だからこそ、美術館内は混雑することなく、ゆっくり鑑賞できるという利点があります。 詳細はこちら

とっておきローマは…

とっても小さな個人向けイタリア旅行応援サイトです。イタリア日本間を往来する旅行者のアシスト及び、文化交換を目的に設立されたイタリア拠点の文化協会ジャピタルインターナショナルによって運営されています。